ステロイド剤と脱毛

新宿の脱毛クリニック。おすすめの医療レーザーならここ♪

ステロイド剤を使用していると脱毛できない?

読了までの目安時間:約 3分

 

ステロイド剤を使用している方は、脱毛を受けられないと聞いたことがあるかもしれません。ステロイド剤は副腎皮質ホルモンを使った薬品で、抗炎症、免疫機能の抑制といった作用があり、かゆみ止めやアレルギー、喘息の治療薬などに使われます。一般的には、アトピーなど皮膚炎の症状を抑えるために処方されることが多いです。
ステロイド剤と一口にいっても、さまざまな種類があり、薬の強さもにもレベルがあるためひとくくりにはできませんが、皮膚アレルギーなどでステロイド剤をよく使っている方は、脱毛を受けるときには気をつけた方がよいのは確かです。
それは、ステロイド剤の副作用と関係しています。ステロイド剤は効き目が速く、炎症をすぐに抑えたいときには便利ですが、その分 、使い続けたときの副作用も大きいのです。
副作用はいろいろなものが報告されていますが、皮膚に関するものを紹介すると、まず新陳代謝の低下があげられます。アレルギーを抑えるためには血流など皮膚の生体活動をある程度停滞させる必要があります。でも薬で人為的に抑えていると、皮膚の細胞増殖が正常に働きづらくなり、皮膚が作られないために皮膚が薄く、もろくなるという症状が現れてきます。
もう一つは、感染症です。ステロイドは免疫機能を抑えてアレルギー症状を緩和するのですが、それは細菌などに対する体の抵抗力を弱めてしまうことにもなります。軽いところではニキビ、重いものではヘルペスやカンジタなどの菌が触れると、簡単に症状が出てしまうリスクがあります。
つまり、ステロイド剤を使用している方は、さまざまな点で皮膚が非常にデリケートな状態になっているのです。脱毛は毛穴に高い熱を加える施術ですから、炎症が起きたり、熱で傷ついた毛穴に雑菌が感染したりといったリスクが生じることになります。ステロイド剤と脱毛の相性が悪いのは、こうした理由があります。
脱毛を受けたい場合は、とりあえず美容外科、皮膚科の医師に相談してみるとよいと思います。ステロイド剤は、数日間使用を止めれば脱毛を受けることは可能です。でも症状によっては、予約日が近いからといって、簡単に使用を止められない場合もあるでしよう。
家庭用脱毛器を使うと、コンディションに合わせて処理ができます。脱毛効果は落ちますが、こうした選択も考えてみるとよいのではないでしょうか。

 

未分類   コメント:0

レーザー脱毛の副作用。むくみを感じたら、それは炎症性浮腫かも!?

読了までの目安時間:約 3分

 

脱毛を受けたあと、患部がむくんだように感じたことはないでしょうか。2、3日もすれば治ってしまうため、気にしていない方も多いと思いますが、そのむくみは、実はレーザー脱毛の副作用で、炎症性浮腫と呼ばれる症状です。

 

浮腫とはむくみのこと。むくみは血行不良をはじめさまざまな要因で発症しますが、炎症性浮腫は感染症やアレルギー、やけどによる炎症が原因になって起こります。脱毛の場合は、レーザーによるやけどが直接の原因になります。

 

脱毛用のレーザーは照射範囲を絞ってパワーを集中させる分、毛根にかなり高い熱を加えること可能です。脱毛効果は高くなりますが、しかし同時に、どうしても周囲の皮膚組織も熱でダメージを受けてしまうことになります。つまり、レーザーによる施術は毛穴に軽度のやけどを負うのに近いのですね。

 

やけどによって皮膚に炎症が起きると、皮膚の保護機能が低下し、雑菌に感染しやすくなります。そのため、白血球が血管の外に滲出して、雑菌による感染にそなえます。しかしこのとき、白血球だけでなく、血漿など血液の他の成分も同時に血管の外に滲み出て、皮膚組織の間にたまります。このような状態が浮腫、つまり皮膚がむくんだ状態です。

 

通常のむくみは顔や足など血流のよくない部位にリンパ液などがたまることで起こりますが、炎症性浮腫の場合は、レーザー脱毛を受けた箇所は基本的にどこでも起こる可能性があります。また、むくみの症状がもっと進行した場合、患部が腫れることもあります。

 

炎症性浮腫は非常に一般的な症状で、脱毛を受けたほぼすべての人に生じるものです。放っておいてもしばらく時間が経てば治りますが、クリニックで抗炎症効果のある軟膏を処方することもあります。塗布すれば2~3日程度で治癒しますが、もしも治らずに悪化するようであれば、クリニックに連絡して診察を受けましょう。

 

こうした副作用の場合の診察は無料で受けられることが多いです。最初のカウンセリングのときに確認しておくとよいでしょう。

 

未分類   コメント:0